読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年確定したからヒッチハイクで日本一周してくるわ

3浪して大学に入ったが、大学生活でサークル三昧。そんなクズの珍道中をリアルタイムでお伝えしていく趣旨のブログです。

五十嵐、新幹線使ったってよ〜後編〜

ういっす。たつみです。

 

後編です。

新幹線に乗って追いコンまでの様子です。

  

ヒッチハイカー新幹線に乗る〜感動編〜

俺「こ、こんなにも新幹線ってのは快適なのか!!!、、、ヒッチハイクとは比べものにならない、、、、、新潟から2時間で東京だ、、、俺2日かかったのに、、、マジか、、、文明の利器すげぇ!!!!」

 

 

ヒッチハイカー快速電車にのる〜みんな友達編〜

俺「東京ってきれだなぁ、、夜が賑やかだ、、、、てか、、なんだろ、、、、電車に乗ってる人みんな顔見知りに感じる、、、なんだこれ!!、、、俺今、目があった人に片っ端から笑顔振りまいてる、、、きめぇーーー、、、すげぇなヒッチハイク、、、、」

 

なんか不思議な感覚でした。  

 

 

いざ追いコンへ〜サプライズ編〜 

もう来ちゃったし、どうせなら笑いとって登場してやろうと思いまして、駅から追いコン会場に着くまでに、後輩のみずきと電話で作戦会議してました。

 

以外、作戦実行の様子です。

み「ちょっとここで、新潟のスキー場にいるたつみさんと電話をつないでみましょう。たつみさん。」

俺「はーい(会場の近くで電話してます)」

一同「おおおおおおおおお」

み「てかなんで来ないんですか!あなた一番、4年生にお世話になってるでしょ!」

俺「いや、しょーがないじゃん!日本一周中だもん」

み「え?今どこにいるんですか?」

俺「雪山に籠ってんだよ!(階段登りました)」

み「じゃあ今すぐ来てください」

俺「なんでだよ!スキー場からどーやって行くんだよ(笑)」

み「ジャンプすればいいじゃないですか、」

俺「なんだそれ!(もうドアの前です)」

み「ほら!ラージヒルラージヒル。」

俺「いや、行けるわけないから!」

み「試しにジャンプしてみましょう」

俺「いいけどさ、行けるわけないよ?!」

み「せーの」

俺「ぴょーーーん(ガシャ)」

 

勢いよくドアを開けて登場

 

一同「・・・・」

 

俺「・・・・・来ちゃいました!!」

一同「うおおおおおおおおおおおお!!!!」

俺「4年生に会いに!!!」

一同「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!え?まじ!?え?え?!うおおおおおおおお!!!」

 

盛り上がるか不安だったんですけど、4年生が喜んでくれたみたいで、本当にホッとしました。

 

興奮の波が一通り収まったあたりで、なべしんさんという、もう、めちゃめちゃお世話になった先輩が「よく来たな」って言ってハグしてくれた時に「あぁ来てよかったな」ってなりました。

 

めちゃめちゃ楽しい追いコンでした。しっかり4年生に感謝の気持ちも言えましたし、本当に行ってよかったです。それこそ一生後悔するところでした。

 

少しは恩を返せたかなって思いました。

 

行くと決断した、数時間前の俺にグッジョブです。

f:id:strainandrelief514:20170322225241j:plain

 

 

また、雪山でのバイトが始まります。

 

 

乗せ頂いた車1台(累計15台)

出会ってくれた人1人(累計39人)