留年確定したからヒッチハイクで日本一周してくるわ

3浪して大学に入ったが、大学生活でサークル三昧。そんなクズの珍道中をリアルタイムでお伝えしていく趣旨のブログです。

6年越しのソラニン宮崎の地にて

おはよーございます!!

本日は5/21(土)天候は晴れ。
溜まりに溜まった服をコインランドリーにぶちこみます。

f:id:strainandrelief514:20170721052154j:image
はい。

綺麗さっぱりして、宮崎の鵜戸神宮へ向かいます。

 

ということでヒッチハイク83日目スタート!!

 

ひとまず鹿児島県姶良(あいら)市へ。

実家に帰るというおっちゃんに乗せていただきました。

ありがとうございます。

f:id:strainandrelief514:20170721052139j:image

可愛い歯医者 

どんどん行きましょう。

f:id:strainandrelief514:20170722113515j:image

都城(みやこのじょう)

ヒッチハイクすること30分。
感じの良いおっちゃんの乗せていただきました。
鹿児島で釣りして宮崎に帰る途中だそうで、宮崎市まで送ってもらえることに!!


結構転職を繰り返したらしく、
建設→土建→パチンコ雑誌の編集→理学療法士

 

もう伝言ゲームかってぐらい違いますね!笑

 

やはり勉強にすごく苦労されたそうです。


今は奥さんもいて幸せな暮らしを築かれてるそうで、結局はどんなに遠回りしても自分のしたいことを一生懸命にやる。
それが大事なんだと、実感しました。

 

今まさにそれをしている最中なんですけどね。
3浪1留 半年休学 

クソやべーやつだな。
この経験を生かすも殺すも自分次第です。

 f:id:strainandrelief514:20170721052231j:image宮崎市内へ!!

南国な木がお出迎えです。

フェニックスと言うらしいです。

f:id:strainandrelief514:20170721052235j:image

いや、電灯!笑

 

ということで宮崎市に到着です。

ありがとうございました!!!!!!

 

恒例のスクラッチタイムです。

f:id:strainandrelief514:20170722114701j:image 

はい(笑)

 

ということで

鵜戸神宮へレッツゴーです。

f:id:strainandrelief514:20170722114743j:image

待つこと30分。

平田夫妻が乗せてくださりました!

旦那さんがすごく面白い方でした。

 

あと、何それという情報なんですけど、

ソラニン高良健吾演じる種田という主人公に顔も喋り方もそっくりでした(笑)

 

ソラニン

ソラニン

 

 

「イガラシくんはどーしてヒッチハイクしようと思ったの?」

俺「若い感性が鋭いうちに、いろんなことを体験しておきたかったからです」

(諸説あり。補足あります)

「絶対それええ!うん。やっぱ高校生の時に当時の彼女とキスした時って今でも鮮明に覚えてるもんな」

「後半どーゆーいみ?(おこ)」

俺「笑」

「違うんだって!高校の時にチューした時のトキメキとさ、大人になってからのさ」

「わからん(おこ)」

俺「笑笑」

「さて奥さんが怒り出したところで、勝手に車に乗せられて、険悪なムードに巻き込まれているイガラシくん。」

俺「実況始めないでください笑」

 

※補足の説明・・・

(長いので読まない人は次の※までスクロール!)

どーしてヒッチハイクで日本一周しよーと思ったの?

に対してはいろいろ受け答えがあって、いろいろ要因が重なって自分を日本一周させました。ざっと挙げてみます。 

・今しかできない、大学生にしかできないこと、をやろうと思った。

・留年して、同期が就活してる中、就活に変わるものをしようと思ったから。

・生で直接体験することは大事だという考えがあったから。

・若い感性が鋭いうちに、いろんなことを体験しておきたかったから。

・将来は自分の創作活動で人を笑顔にできる仕事に就きたい。でも今の自分は全く笑顔じゃない。自分一人を笑顔にできない奴が将来、他人を笑顔にできるわけがない。今自分が何で一番笑顔になるか考えた時、日本一周にたどり着いた。

・自分のさまざまな体験がお金になると思った。

こんなものでしょうか。

その中からなぜか今回は

・若い感性が鋭いうちに、いろんなことを体験しておきたかったから。

と答えました。

今考えてみると、多分、旦那さんが種田に似ていたからだとおもいます。

いや、ボケではないです(笑)

 

みなさんはソラニンという映画知ってますか?

当時高校3年生で僕はソラニンを観ました。

当時は医者になるために勉強しなきゃいけないのに、まったくやる気が起きず、そのやる気が起きない自分にも嫌気がさすが、結局やらず、やらないからまた嫌気がさして、負のスパイラルに入っていて、受験からも、何もかも、もう逃げ出したくて仕方なかった頃です。またその時付き合っていた女の子がいて、本当に大好きで、大好きで、でもその子ともいずれ別れちゃう日が来るかもしれないと思ってさらに、テンション落ちて、もうお互いが大好きなまま一緒に死ねば、辛い受験からも解放されるし、お互いが好きのまま、人生を終えることができるんじゃないか・・・・。

そんなこと考えてるのってもう感受性ビンビンだからだと思います(笑)何に対しても心を動かされる、何かあったらすぐ死にたくなるし、いいことあったら気分がルンルン。大好きな子とは絶対に結婚したいし、別れたらもう何も手がつかなくなるし、出会うのがもっと遅かったら結婚してたのかなとか考えちゃう時期でした。

そんな闇を抱えて生きていて、そんな闇病み状態マックスで見たのがこのソラニンという映画でした。

 

宮崎あおい演じるOL2年目の芽衣子と高良健吾演じる音楽を諦めきれないフリーターの種田。

しかし仕事中心の生活を送っている種田。

二人は同棲中。付き合って6年になりますが、まだまだお互いへの気持ちがホットなままです。

バンドをやりたいはずなのに、仕事を言い訳に音楽と向き合おうとしない種田。かといって仕事を頑張るわけでもない。

毎日を何からも逃げるように生活していました。目を背けながら・・・

そんな煮え切らない態度の種田に芽衣子さんは言います。

「種田、、ねえ、、本当はちゃんと音楽やりたいんでしょ?だったらやればいいじゃん!だったら、、バンドやってよ」

「俺の才能って平凡よ。今更・・・本気でやってる奴にかなわないって」

「才能ないからって、、本気じゃないからって、、、いっつも逃げてばっかりだね、、種田は、、好きな音楽で誰かに批判されるのが怖いんだよ。褒められたって、けなされたって、評価されて初めて価値がでるんじゃん、、、、それで、、本当にダメだったら、、そん時は、、そんときだけど、、。」

「そんときはどーしてくれんの?、、、、一緒に死んでくれんの?」

「・・・・・」

「冗談だよーん」

「・・・・・」

 

感情移入しまくりでした。

特にバンドやっているわけではなかったんですが・・・もろもろの状況を置き換えて、重ね合わせて、、種田の気持ちがわかりすぎて、

食い入るように観ていました。

涙腺崩壊の映画でした。

 

時は流れ大学3年生の秋です。

あれから6年がたちます(※注 3浪!!笑)

 

・・・秋だからでしょうか、夕陽を見ていたら切ない気持ちになりまして、、

久しぶりにソラニン観てみるかと、、、

、、ソラニンを観てさらに切なくなろうと、、よくわからない理論ですね(笑)

 

・・・開始30分

ある異変に気付きました

あれ・・・?

ソラニンってこんな映画だったけ?

え?え?

・・・違和感の正体に気付きました。

全く感情移入できない!!!!

 

before

「そんときはどーしてくれんの?、、、、一緒に死んでくれんの?」

俺「わかるぅーーーーーー(大泣き)」

 

affter

「そんときはどーしてくれんの?、、、、一緒に死んでくれんの?」

俺「そんなこと言われてもねぇ」

 

いや、全く感情移入できない!!!

え!?!!!?!

 

事のヤバさに気付きました。

俺の感受性が鈍りまくっている。

焦りました。

若い今のうちに、、まだ感受性が少しでもあるうちにもっと、もっといろんなことを体験しないと・・・・・

美しい自然を感受性豊かなうちにこの目で見ておかねば・・・・

人との関わり合いをもっと感受性豊かなうちに感んじておかねば・・・

 

そー思うと、若い初々しいアーティストさんが歌う恋愛の曲とかもそうだ

感受性豊かな時に、いっぱい恋愛して、恋の曲を書く。

それがまたいい歌詞で、いいメロディーで・・・それに俺たちは強烈に共感する。

若い今しかできないこと、、彼ら、彼女らは必死に生きて表現してる。

 

女優さん、俳優さんもそうだ。

若い時にしかできない役があって、それを今持てる全てを出して表現している。

それに俺たちは強烈に共感する。

 

その時にしかできないことを、しっかり、やっている。

 

若い時の武器ってなんだ?!

 

感受性びんびんで、いろんなことに、心動かされて、それを表現することなんじゃないか?!

  

だから僕は日本一周して、日本の文化、自然、歴史をこの目に焼き付けて、感受性を羽ばたかせて、その時自分が感じたことをありありと文書にしなければいかんと。そーおもった訳です。

 

そんな日本一周しようと思ったきっかけとなった出来事を夫妻に乗せてもらっている中で、、高良健吾というよりは種田ににている旦那さんが思い出せてくれました。

 

※昔話終了です。

・・・・

「あ、ここ日南海岸っていって、鬼の洗濯岩があるんよ」

俺「鬼の洗濯岩?」

「あー知らんのや」

「そろそろ見えるからさー」

f:id:strainandrelief514:20170721052930j:image

俺「おおおおおお!!!!!!!!」

「洗濯板みたいになってるでしょー?」

俺「はい!でっかい洗濯板みたいです」

「鬼が使うほど大きい洗濯板だから鬼の洗濯岩なんだよー」

俺「ほえーーーーー」

不思議でした。

ゴツゴツと不規則な形をしているはずの岩。

それが規則正しく、一列になっている。

それが何列も何列も重なっている。

自然にできた不自然に規則的なもの。

すごくよい光景を見れました。

 

ということで鵜戸神宮に到着です。

ありがとうございました!!!!

f:id:strainandrelief514:20170721053009j:image

どうやらめっちゃアップダウンのある神社っぽいです。

さらに時間も19:00までと。すこし急ぎます。

f:id:strainandrelief514:20170721053057j:imagef:id:strainandrelief514:20170721052953j:image 

入ってすぐに石段が。

しばらく登ると、三叉路に。

そこからはずーーと下っていきます。

f:id:strainandrelief514:20170722121103j:image 

 海に面した朱色の建造物。

それだけでも今までにない光景でテンションが上がります。

f:id:strainandrelief514:20170722121224j:image

かわいい。

f:id:strainandrelief514:20170722122344j:image

どうやら波切神社はここを登っていくそうで。

f:id:strainandrelief514:20170722122459j:image 

再び鳥居が。

登っていきます。

f:id:strainandrelief514:20170722122717j:image 

森の中の石段を一段一段踏みしめていくたびになんだか、それだけで心が浄化されていくような、そんな気持ちになっていきます。

f:id:strainandrelief514:20170722122901j:image 

足元が整備された石段から、岩場に。

波の音も聞こえてきました。そろそろでしょうか。

見えてきました。

f:id:strainandrelief514:20170721054327j:image

うお!!!!

すげぇ!!!!!!!

f:id:strainandrelief514:20170721053137j:image

はぁ〜〜〜〜

そんあ言葉しか出てきません。

f:id:strainandrelief514:20170721054349j:image

振り返ると、天然の岩の額縁に収まっている太平洋の海。

夕日がさらにお膳立てしています。

すげー幻想的でした。

 

これで終わりじゃないのが鵜戸神宮です。

本殿に向かいます。

f:id:strainandrelief514:20170721053252j:image

波の音に導かれるままに歩を進めていきます。

f:id:strainandrelief514:20170721053350j:image

本殿到着です。

おおおおおお!!!

ここも洞窟の中にあります。

f:id:strainandrelief514:20170722123202j:image 

夜ということも相まってさらに雰囲気がありました。

f:id:strainandrelief514:20170722123259j:image 

今まで行った神社の中で一番感動したかもしれ ません。

そんな神社でした。

 

はい。

今日も一日が終わります。

いい日でした。

それではまた明日!!

 

乗せてくださった車3台(累計102台)

出会ってくれた方々4人(累計258人)

移動距離163km

f:id:strainandrelief514:20170722123704j:image 

九州ももう半分!!